抜かずに治す根管治療専門医。8,000件の症例実績 橋爪エンドドンティクスデンタルオフィス

9:30~18:30 日・祝定休

初診予約03-5200-7116

  • アクセス
  • 無料相談メール

患者さまインタビュー②
「保険診療と自費診療がこんなに違うとは思いませんでした」

2本の抜歯を勧められたことが始まり

歯が浮くような違和感があったので、いつも行っていた近所の歯科医院に行きました。
そこでレントゲンを撮り診てもらったところ、歯の根に膿があると伝えられました。
膿を治すために、歯を抜くよう勧められました。2本の歯のちょうど間に膿があり、2本も抜くというのです。

抗生物質を飲めない不安

当時、私は潰瘍性大腸炎(注:腸管内の免疫異常が関連する原因不明の病気、IBD)で2か月ほど入退院した後でした。
そのため抗生物質を口から入れると大腸に影響してしまい、抗生物質を口から飲むことができませんでした。
また、産婦人科で抗生物質を投薬する予定もあったため、それも懸念していました。
そんな状況で抜歯を勧めれたため、どうにかして抜歯を避けられないか、または、抜歯するとしても病気や薬のことをどうすればいいかを、インターネットで検索しました。

歯を抜かずに済むかも?

インターネット調べていくと、歯の根にある膿の治療を根管治療と呼ぶこと、自費診療なら、歯を抜かずに済むかもしれないことを知りました。
また、不安だった薬についても、大きな病院なら点滴で対応してもらえるようでした。

本当に悩む歯医者探し

私はWebサイトを見て、橋爪エンドドンティクスデンタルオフィスに行くことを決めました。
都内で根管治療をしている歯科医院をたくさん調べたのですが、東京駅前からすぐの場所にあるため仕事の出先や自宅から行きやすく、また、安心しておまかせできそうだと思いました。

医師とのコミュニケーション

病院へ行くと、特に待ち時間もなく、十分な時間をかけてお話をできました。
お医者さんの中には、質問に対して聞きたかった内容から少しずらして回答する方もいると思います。
橋爪先生は、質問に対して丁寧に答えた上で、さらにプラスαの情報まで教えてくれて、すごく頼れる感じがしました。
また、自費診療というと、営業のプッシュが強いんではないかと覚悟していたのですが、全然違いました。
十分な情報を出した上で「どうしましょうか」と問いかけてくれたので、お話ししやすかったです。

病気や投薬に合わせた治療プランを提案

レントゲンを撮った結果、まずは歯の根の治療をして、膿がなくなるか様子を見ることになりました。
その後、もし膿がなくならない場合は、歯茎を切開して膿を取り出すことになりました。
その際、抗生物質についても、産婦人科の治療と同日に治療することで、抗生物質を飲む回数を1回に抑えることができると提案していただきました。
不安に思っていることを聞けば聞くほど、応えてくれました。

1本の歯に、3回の治療

1本の歯に対して3回ずつの治療で終わりました。
1回目ではガリガリ治療して、2回目にレントゲンで根の先まできれいになっているのを見て、3回目にファイバーコアで土台を作りました。
治療前は麻酔の注射をするのですが、事前の表面麻酔も上手にしてもらいました。私は痛みに比較的強いほうだと思いますが、治療中は痛みもありませんでした。
一度だけ、治療後に「今日は痛くなるかもしれない」と痛み止めを出していただき、その場で一錠飲み、もう一錠を持ち帰りましたが、それも飲まずに済みました。

治っていく楽しみ

治療をしてもらえばもらうほど、歯が良くなる感じがしました。
また、これは治療を終えてから気づいたのですが、治療前にあった頭痛・めまい・耳鳴りなどの体調不良が消えていました。
どこかで潰瘍性胃腸炎と口の中の環境は関連がある可能性があると聞いたので、もしかしたらそれで良くなったのかもしれません。

追加で2本の治療もお願いしました

2本の歯の治療が終わった後、他院で神経を抜いた歯2本の再治療してもらうことにしました。
急ぐ治療ではなかったのですが、私としては早ければ早いほうがいいと思いました。

治療を終えて

歯を抜かずに済んで、本当によかったです。
仕事復帰を前に、歯を綺麗にできてよかったです。今は痛みも腫れもなく順調です。
根管治療を終えて、保険診療と自費診療がこんなに違うものかと思いました。
まだ自費診療は世の中に浸透していませんが、多少のことを我慢してでも、お金を作ってしたい治療だと思いました。

42歳女性YKさん 東京都大田区在住

その他の患者様の声

「激痛だった歯も、治療2回目には歯がうずく程度になりました」

歯の痛みを近所の行きつけの歯科医に伝えたところ、歯の根の治療をされました。それでも痛みが中々とれなかったので、毎日のように歯の治療に通いました。
そのうちに、次から次へと歯に痛みが出てきて・・・・

インタビュー全文

「専門歯科の治療レベルに心底驚きました」

小さい頃は田舎暮らしで、ちゃんとした?歯医者さんも遠く、少しぐらいのむし歯があっても痛くなければいいと気にしない。そんなふうに長年過ごしてきましたが・・・・

インタビュー全文

「奥歯の痛みから解放されました」

先生のこの分野に取り組まれた経緯や、1本でも多くの歯を残したいと書かれた文面を読んで共感しました。・・・・

インタビュー全文

「歯を失う瀬戸際だったので、治療できたのが何よりでした」

歯の根の治療については、もしかしたら歯を抜くかもしれない、その確率は五分五分だと言われました・・・・

インタビュー全文

03-5200-7116。生きた歯をあきらめないでください!痛みや抜歯でお悩みの方はお気軽にご相談ください。